Press "Enter" to skip to content

中医臨床学科・A型問題(27)

27. 肝鬱化火の鬱証の治療で先ず選ぶべき方剤はどれか?

A. 竜胆潟肝湯
B. 温胆湯
C. 天麻鈎藤飲
D. 半夏白朮天麻湯
E. 丹梔逍遙散

解答と解説

肝鬱化火の鬱証といえば、「A.竜胆潟肝湯」が答えになります。

「A.竜胆潟肝湯」は、清臓腑熱剤
「B.温胆湯」は、清熱化痰剤
「C.天麻釣藤飲」は、平肝熄風剤
「D.半夏白朮天麻湯」は、治風化痰剤
「E.丹梔逍遙散」は、調和肝脾剤

東洋医学の用語集

鍼灸・漢方薬・薬膳など、東洋医学や中医学の用語を解説したサイト
東洋医学・中医学を学ぶすべての方のために
オススメの本などもご紹介しています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です