Press "Enter" to skip to content

臨床学科・A型問題(107)

107.煩渇多飲、口乾舌燥、尿頻量多、舌辺尖紅、苔薄黄、脈洪数。属する証はどれか?

A. 腎陰虧虚
B. 胃熱熾盛
C. 肺熱津傷
D. 陰虚火旺
E. 以上どれも当てはまらない

解答と解説

まず、「煩渇多飲」ということから、熱があることが分る。
この時点で、「A.腎陰気虚」は外れる。
また、「煩渇多飲」は激しい熱症状なので、実であることが分り、「D.陰虚火旺」も消去できる。
次に考えると、食欲が旺盛になるなどの胃腸症状がないことから、「B.胃熱熾盛」も候補から外れる。
最後に、「口乾舌燥」「尿頻量多」から、津が損傷を受けていることが考えられるので、答えは「C.肺熱津傷」となる。

東洋医学の用語集

鍼灸・漢方薬・薬膳など、東洋医学や中医学の用語を解説したサイト
東洋医学・中医学を学ぶ方にオススメの本などもまとめています
東洋医学・中医学をこよなく愛する方のために

中薬学・A型問題(5)

5.渋味と似ている薬味作用はどれか? A. 淡味B. 鹹味C. 酸味D. 辛味E. 甘味 解答と解説  渋味は…

中薬学・A型問題(4)

4.渋味薬の作用はどれか? A. 発散、行気、行血B. 補益、和中C. 収斂、固渋D. 軟堅、瀉下E. 燥湿、…

中薬学・A型問題(3)

3.酸味薬を多く用いて治療するのはどれか? A. 外感表証B. 虚証C. 瘰癧痰核D. 湿証E. 滑脱不禁の証…

中薬学・A型問題(2)

1.薬性理論によれば、気滞血瘀を治療する薬の大多数が持ち合わせる薬味はどれか? A. 辛味B. 甘味C. 酸味…

中薬学・A型問題(1)

1.甘味の効能ではないのはどれか? A.  滋補B.  調和C.  散寒D.  緩急E.  解毒 解答と解説 …

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です