Press "Enter" to skip to content

診断学・A型問題(101)

101.発熱微悪寒、頭痛、大便稀溏、小便清白、四肢不温が見られるのはどれか?

A. 表裏倶寒
B. 表熱裏寒
C. 半表半裏
D. 下熱上寒
E. 上熱下寒

解答と解説

このような問題は、中医診断学の中にはいくつか出ているので、しっかりと理解して答えていきたいものです。

 まず、「発熱」ということから、説問の患者さんには“熱がある”ということが分ります。
 そこで、熱がない「A.表裏倶寒」は消去されます。
 そして、少陽病である「C.半表半裏」も消去されます。

 次に、「発熱微悪寒」ということから、まだ表証であることが分ります。ここから、“表証で熱がある”ということで、「B.表熱裏寒」が該当します。
 さらに踏み込んで、より精査してみます。「四肢不温」とありますが、四肢は手足のこと、そして手は上、足は下ということから分るように、体を上下で分けて分類した場合、この説問の患者は上下ともに寒になるので、「D.下熱上寒」「E.上熱下寒」もうまく当てはまりません。このことからも、正解が「B.表熱裏寒」であることが導かれます。

東洋医学の用語集

Qubely blocks are added to the Gutenberg editor as soon as you install the plugin. You can start using it as any other Gutenberg block.

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です