Press "Enter" to skip to content

診断学・A型問題(52)

52.淡白舌の主病に属さないのはどれか?

A.気虚
B.血虚
C.陽虚
D.陰虚
E. 脾虚

解答と解説

 淡白舌とは、舌の赤みが少なく白い状態の舌です。
 血流量の減少、つまり貧血のことが多く、そのために冷えも表わしています。ここでは、冷え性や貧血に多い舌と考えてみる。
 「A.気虚」は体のエネルギーが少ない状態なので、当然冷え性になります。「B.血虚」は貧血なので、これも淡白舌になります。「C.陽虚」は、体を温める陽気が少ないので、これもまた冷え性を表わす淡白舌になります。「E.脾虚」は胃腸が弱い状態のことなので、水穀之精微、後天の精が作られにくいため、冷え性につながります。
 よって、消去法で考えるてみても、「D.陰虚」になる。

This is an infobox

Qubely blocks are added to the Gutenberg editor as soon as you install the plugin. You can start using it as any other Gutenberg block.

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です