Press "Enter" to skip to content

診断学・A型問題(193)

193.患者、心悸、胸悶、気短3年間。最近、胸悶刺痛があり、その痛みが左肩と臂に走る。疲乏無力、自汗頭暈、舌色紫暗、脈渋。その証候はどれか?

A. 気滞血瘀
B. 気虚血瘀
C. 血熱血瘀
D. 寒凝血瘀
E. 気血両虚

解答と解説

まずはじめに、「肥満」ということから、痰が多いことが分る。
次に、「左胸部の悶痛」ということで、これは「刺痛」ではないので、血瘀ではない。よって、「D.血瘀心脈」は消去できる。
さらに、「苔白膩」なのでこれも痰の条件が揃う。
この時点で、「B.痰阻心脈」に絞られる。
他の選択肢を観ると、「C.肝気鬱結」はその条件がない。「心悸」、「短気」という症状から「E.心気虚」も候補に挙がるが、痰の条件がないので消去できる。
よって、答えは「B.痰阻心脈」となる。

解答と解説

 先ずはじめに、「胸悶刺痛」ということから、「血瘀」があることが分る。
 これで「E.気血両虚」は消去できる。

 次に、「気短」「疲乏無力」ということから、「気虚」の特徴があることが分る。

 よって、答えは「B.気虚血瘀」となる。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です