Press "Enter" to skip to content

方剤学・A問題(1)

1.八法の範疇に属さないものはどれか?

A. 汗法 吐法
B. 下法 清法
C. 宜法 通法
D. 温法 補法
E. 和法 温法

治法は、患者がもつ証候をつぶさに観察し、病因を審らかにし、病機を捉え、弁証していった結果、採用するべき治療方法である。

治法は古来より様々なものがあるが、清代の医家である程国彭が著わした『医学心悟』にまとめられた八法が現在の主流になっている。

この八法は、汗法、吐法、下法、和法、温法、清法、消法、補法の八種類である。

よって、答えはここに入らない「C.宜法 通法」となる。

方剤学の資料

医学関連・参考サイト

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です