Press "Enter" to skip to content

診断学・A型問題(196)

196.患者、高血圧歴9年。肥満、2日前より左胸部の悶痛、心悸、短気、舌淡、苔白膩、脈沈弦。その証候はどれか?

A. 心脈痺阻
B. 痰阻心脈
C. 肝気鬱結
D. 血瘀心脈
E. 心気虚

解答と解説

まずはじめに、「肥満」ということから、痰が多いことが分る。
次に、「左胸部の悶痛」ということで、これは「刺痛」ではないので、血瘀ではない。よって、「D.血瘀心脈」は消去できる。
さらに、「苔白膩」なのでこれも痰の条件が揃う。
この時点で、「B.痰阻心脈」に絞られる。
他の選択肢を観ると、「C.肝気鬱結」はその条件がない。「心悸」、「短気」という症状から「E.心気虚」も候補に挙がるが、痰の条件がないので消去できる。
よって、答えは「B.痰阻心脈」となる。

鍼灸・漢方薬・薬膳など、東洋医学・中医学の用語を解説している用語集サイト

Organize Your Workplace

Ipsum nunc aliquet bibendum enim facilisis. Purus viverra accumsan in nisl nisi scelerisque. Ligula ullamcorper malesuada proin libero. Nulla aliquet enim tortor at auctor urna nunc id cursus.

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です